So-net無料ブログ作成
検索選択

利己主義と個人主義はちがう。 [雑感]

前の1.5×4で自己決定について、ちょうどオウム真理教の地下鉄サリン事件などがあったとき柴田翔氏がはたして人間は自己決定に堪えられる存在なのだろうかと自問したのち、しかし、今日でも自分には主体的な自己決定はゆるぎない価値と思うということを言われていた新聞記事を紹介したことがあります。

 戦後民主的教育制度になって一番初めの世代だった私たちが学んだのは民主主義であり、新憲法でした。基本的人権や主権を持つ個人として、しっかり自分で考え、自分の決定と責任を持つ。そう学んだのだけれども自己決定に堪えられる存在なのかという問いは本当に難しい問なのだと思います。

 もともと戦後教育を一貫して批判してきた人たちは基本的人権に反対だったし、昔からの民は公的な権力で統治すべしという考えが強かったのではないかと思います。お上の言うとおり、考えないで何かに頼ることは楽でもあるのです。その中心が国体論で天皇を絶対的統治者として国を治めるナショナリズムは太平洋戦争から敗戦までをたどることになりました。そしてその考えは今も変わっていないし、そういう方向に持ってゆきたいと考える人はいるのではないでしょうか。

 個人主義はしばしば利己主義と一緒に考えられてきました。目に余る権利の主張とも個人の自由は自己の伸長の解放だけれど、自分さえよければ他人はどうなってもいい、結果は自分の責任。自由競争、自己責任にもつながってきた。今はそれがいびつな世界にもつながっているように思えます。
 
 わたし個人の感想ですが、個人が一個人だけで生きることができない他者との関係の中に生きる存在であれば他者を抜きにして幸福はないと思うし、公的な空間、共生はないのではないでしょうか。個人主義は自分と他者の関係の上に立った自己決定であって主体性的個人の意味で政治にも社会にも参加し、責任ももつことだと思います。犀の角のように独り歩めというシャカの言葉は個人主義の本質のようにも思います。

 数日後の参議院議員選挙の投票を控えて、争点の一つが日本経済の今後とともに憲法の改正で、自公政権はいくつかの野党を含めて改選の発議に必要な3分の2以上の議席獲得をめざしています。しかし、本音はあまり表面に出してはいないようです。

 自公政権、安倍政権のもとで3分の2の議席を取った時、あきらかに国民主権の否定や秘密主義に進むだろうと思うし、その上に自分たちの考える方向へ物事を進めていくだろうと私は思います。その意味で重要な方向を決める選挙だと思いますが、民主主義は一朝にしてなるものではないと思います。国民がしっかりした判断を育てていかない限り、長い未来は明るいものにはならない、短期決戦ではないということも覚悟すべきではないでしょうか。
nice!(25)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 25

コメント 9

majyo

自公が2/3を取ろうと取るまいと
終わりは無いと思います。
一人一人が考えて、勉強して結論を出す
民主主義の危機の今ですが、実は民主主義が育った時でも
あるのがとても面白い
こんな危機感が無ければ、私も色々と調べませんでした
アベ政権に感謝しているのも本当です
by majyo (2016-07-08 21:07) 

風船かずら

majyoさん、コメントありがとうございます。自民党政権は戦後長く今まで続いていたのです。途中政権の維持が困難になっても、他のいまは公明党などが補完するする形で安定政権でした。安倍さんは民主党が安倍政権の前に一時政権を担った民主党と比較して批判していますが(せこい)、今日の事態について本当はどう考えているのでしょうね。ネットの広告をみると経済に関してのものが多いのですが、これを見た人は本当にバラ色としか言いようがない。但し書きでまだ道半であると付け加えることをわすれてはいませんけれどね。経済の好転を実感できないでいる人の期待をつなぎとめる効果を狙っているのでしょう。安倍さんの考えは国民が営々として努力している結果より、自分の指導力とかんがえているところが感じられますね。憲法の改正や安全保障面でのアメリカとの一体化をますます強めるでしょう。でも全方向的平和外交との違いは明白でそれがよいのか、とても危険を感じます。軍事予算の増大が国民生活に与える影響が甚大でないはずはありません。いろいろのことがおかしくなっている、あきれてしまうところもありますがそれは矛盾の大きさを示しているということでもありますよね。国民ひとりひとりがしっかり未来を考える主体になれば矛盾を少なくすることも可能ではないかと思います。なにより戦争のない世界になってほしいと願うばかりです。
by 風船かずら (2016-07-09 11:03) 

gonntan

家族制度を復活したいという日本会議(を構成する宗教界)の理想と、安倍総理の思惑は微妙に違います。安倍総理は利用できるものとしての家族制度復活しか頭にないと思います。経済は新自由主義ですから家族を構成していける制度ではありません。「一人ひとりが人として輝く」ではなく「国民一人ひとりを(支配者が)利用し尽くす」家族制度の復活。宗教界も利用しているようで利用されていることにいつか気づくでしょうが、遅きに失しないことを願うばかりです。
by gonntan (2016-07-09 22:13) 

lamer

「イメージ・2」にご訪問いただき有難うございます。
前方向的平和外交が出来る体制をつくる努力をしてほしかったです。
しかし、戦後一貫としてアメリカ追従を基本とした外交を自民党政権は
居て来たと思います。
戦後70年以降米軍の核の下に甘んじながら政権を維持しています。
アメリカには逆らえない状態で何かあっても国民は我慢させられて来ました。
中曽根氏がアメリカに招待されて帰ってから原発が推進され始めていつの間にか40数基に増え定待ったのですね。
東日本大震災の後、福島の原発事故で此れは大変な事になっている。
そう気付きました。
日米会議が月2回あって其処で色々な議案がアメリカ側から出て決められ政策として進められているとか。
全てがアメリカ誘導の政策なのですから行なうしかないのですね。
参議院選挙で自公が2/3を獲得すると間違いなく改憲に向かうと言われています。
それもアメリカからの意向で自民党は努力しなければならない事です。
そして集団的自衛権の容認実行に繋がって憲法第九条は変えてくるでしょう。
益々日米同盟の強化(従属)でアメリカの意のまま安倍政権の思いの侭に
なって行くでしょう。
話し合うことが更に後退して殺し合う戦争が優先されていきます。
日本はアメリカを敵対視する側から標的になる可能性が強まります。
そうならないように何をおいても安倍政権の暴走を阻止して戦争の無い世界になってくれるように私も願うばかりです。
今後とも宜しくお願いいたします。
by lamer (2016-07-09 22:32) 

風船かずら

gonntan様、宗教界について私は全くといいくらいわからないのですが、少し参考になりました。釈迦の教えから遠いのでは思うこともありますが戦前もどれだけ平和思想を貫けたのか、80年ごとに人類は戦争を繰り返してきたといわれる今、仏教が果たす役割もあるのではと思うのですが、利用されている側面に気ついてほしいです。

lamer様、コメントありがとうございます。敗戦後のアメリカ一国占領から日本の政治はどうもアメリカ言いなりから卒業できないできたようですね。そのアメリカが揺れている、どう変化するのかも定かでない、日本がどう平和問題や環境問題、経済を考えていくか大事なときですね。ゆめゆめ戦争への道をたどらないようにと願っています。これからもよろしくお願いします。
by 風船かずら (2016-07-10 09:20) 

扶侶夢

20世紀型の戦争に戻ることはないですが、21世紀型の戦争は起こり得る…いや既にその道を歩んでいるように思います。
勿論まだ途中で回避する事は出来ますが、世論誘導も関係して国民の数割は“戦える勇ましい国家”を望んでいるように思えます。
by 扶侶夢 (2016-07-11 11:31) 

ぼんぼちぼちぼち

利己主義と個人主義は違う 同感でやす。
あっしは個人主義者でやすが利己主義は嫌いでやす。
世の中には混同している人が少なくなく その度に憤りを覚えやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2016-07-12 15:25) 

風船かずら

扶侶夢様、21世紀型の戦争、それがいつどんな形で大きな戦争に発展してしまうのか危険がないとは言えないのではないかと心配します。どうしても権益を自分のものにと考える人やそれに同調してしまうナショナリズムは健在なのですから。でも戦争は人間を絶滅にちかづけるだけと思っています。ほとんどの人がそれを望まないでしょう。賢い選択をするのを祈りたいです。

ぼんぼちぼちぼち様、私も利己主義な人は嫌ですね。自分もそうならないように見張っていようと思います。
by 風船かずら (2016-07-15 00:06) 

風船かずら

いっぷく様、たかおじ―様、訪問ありがとうございます。これからもよろしくおねがいいたいします。
by 風船かずら (2016-07-15 00:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0