So-net無料ブログ作成
検索選択

今朝の天声人語から思うこと [雑感]

 河上肇さんが朝日新聞に貧乏物語を連載初めてちょうど100年になるそうです。私は貧乏物語を読んでいませんが、天声人語で次のようなことが書かれていました。

 「毎日規則正しく働いているのに、ただ賃金が少ないために生活に必要なものが手に入らない。きわめてわずかな人々の手に巨万の富が集中されつつある。」

 国家有用の材となりうる若者が、貧乏な家庭に生まれたがゆえに十分な教育を受けられないことを河上は嘆いた。学問は決して「過分なぜいたく」ではないのだと。河上は資産家や実業家に人を思いやる倫理を求めた。
 そして天声人語は現代の教育格差に重なる話ではないか、世の中が100年前に似てきたとすれば、あまりに悲しいと。
 

 子供の貧困、親から子への「貧困の世襲化」は始まっています。そして広まってもいます。私は一億総中流と言われる時代に働いていました。あなたは中流ですかという意識調査がありました。大多数の人がはいといい、人々の意識はマイホームへと移っていったように思います。私はそのときなぜか危うい気がしました。失われた10年という言葉を耳にするようになってから30年、先日、友人がこの30年であまり変わったと思えないのだけれどと話し始めたので、私はとても変わった、すごい変わりようだと思うといいました。友人は30年前は多分10代ではないかと思いますので、おそらく物を考える頃はその中にいたのだと思います。
 この30年の科学技術、機械文明の発達はとどまるところがないものだと思います。でもと私は思ってしまいます。なぜか悲しみが積みあがってしまうのです。文明は人間を幸福にしているのだろうかと。もちろん両面があります。富の一極集中、紛争と戦争と対立、分断と憎しみの連鎖、地球環境、自然の破壊の進行だったように思えてしまうのです。共生、和解、平和への努力は続けられながらも。
 
 すべての人にとって、人間の可能性を奪うものを広い視点で考えたいと思います。






nice!(22)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 22

コメント 6

えんや

格差はますます増し、富は富んでるものに集中する、、、今の日本の政治ではないでしょうか?
先の参院選結果は、今の政治を「良し」と認め富の集中も格差の拡大も
また「良し」と認めた結果だったんでしょう。
これに力を得た自公政権は、ますますこの道を突き進んで行くんでしょう。
自分たちが選んだ、この道、、、本当にこれで良い?
ことのスタートに「遅すぎた」はありません。
それを願っています。
by えんや (2016-09-11 20:13) 

ファルコ84

富の一極集中、
貧困層の増加
が叫ばれています。
この様な差別社会を無くすべく
政府が仕組みの改善をすべきです。
利権に絡む役人、
一筋縄ではいかないのが歯がゆい。
by ファルコ84 (2016-09-11 22:54) 

gonntan

格差社会、エリートは痛くもかゆくもないのですね。
但し、貧富の格差が大きくなって、消費できる者がいなくなれば
結局普通の経済は行き詰まります。
そうなるとスクラップ&ビルド、戦争しか経済が回る方法は
なくなるのです。エリートたちは分かってやってることですね。

by gonntan (2016-09-11 23:06) 

majyo

>子供の貧困、親から子への「貧困の世襲化」
この言葉はきついですが、本当にそうなんです
教育だけは機会均等にしないと
優秀な子が伸びる機会を逸します

文明、文化は人を幸せにしたか?
長く生きてくると見えるものがありますね
何も無かったのに幸せだった頃が

by majyo (2016-09-12 18:37) 

風船かずら

えんや様、ファルコ様、gonntan 様、 majyo様
コメントありがとうございます。おっしゃられるような状況が進行していると思います。パイが少なくなったとか、これ以上の成長はあまり望めないとか言われるようになって格差や富の一極集中がより強まっているようにも思えるのですが。豊かさや快適さの追求は人間の本来のものかもしれませんが、何か失われ、ゆがんでいる、バランスを欠いているように思われて仕方がありません。
長い目で見て、人が壊れたり、自然が壊れたりすることは避けなければならないと思います。それを考えるのは政治家ではなく国民、そして一緒に汗をかけて努力をしてくれる知識人、政治家でしょうか。スタートが遅すぎることはないことを願っています。
by 風船かずら (2016-09-13 09:51) 

風船かずら

Y.Tachi様、訪問&ナイスありがとうございます。
by 風船かずら (2016-09-18 10:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: