So-net無料ブログ作成

現実と主観を考える [雑感]

 昨日はいくつか所用があって駅まで。朝体操と日中の健康教室と合わせて一万歩を軽く超えましたが、急に運動しすぎもどうかなと感じるところもあります。この日増加の一途をたどっていた体重が40キロ代に、二キロくらい減量していることは喜ぶべきことなのでしょうか。

 本やさんで3冊文庫本を買ってしまいました。買わないようにしているのですが。日本会議に関した本と「漱石の思い出」いまテレビドラマで放映中です。読まなくちゃとか読みたいとかいう本がどんどんたまってしまって追いつきません。家の中も少しずつかたずけてはいるもののちっとも進んでいる感がありません。あと一月もしたらすっきりしていたいのですが!
 
 現実と主観の間にはつねに大きなギャップがあると思います。現実を人間の営みをふくむ宇宙のあるままの推移、因となり果となる真理と考えると、人間の主観(自分)は自分勝手な認識や思い込みですから、自分の願いや思うところと現実とのずれや遊離が付きまといます。そして主観は常に物事の真理にうち負かされます。そのたびに自分勝手な主観によらず、自然の理、真理に自分を添わせる以外にないことを思い知らされます。
 
 安倍首相の所信表明演説がありました。その内容をニュースでちょっと聞いただけでよく確かめていないのですが、聞いてもあまり心にしみないから、じっくり聞く気持ちになれないです。
 気になったのは、民主党の蓮舫さんのアベノミクスの検証が必要ではないかという質問に安倍総理が民主党時代の悪口で答えていたことでした。それでは議論にはなりません。

 総務省の8月の家計調査によると一世帯当たりの消費支出は物価変動を除いた実質で前年同月比で4.6%の減少、12月連続のマイナスだそうですが、それは消費できる所得の減少をあらわしているのではないでしょうか。
 
 安倍総理がアベノミクスの成果として雇用の改善をあげていますが、その内容を見ると非正規、不安定雇用の増大で、雇用や働き方がよくなっている実感はありません。先日のNHKで取り上げていた人口減少と消える自治体の不安では、豊島区の場合、区内に流入する人口の大半が20代から30代の若者、年収200万円くらいで将来家庭を持つことが難しいといわれます。そうなると
区が成り立たなくなる心配に直面しています。それは豊島区だけの問題ではなく東京全体、地方自治体でも同じ問題をかかえているということでした。 
 
 
 こうした数字をあげるまでもなく、すべての人とは言わないまでも、国民の少なくない人がアベノミクスは本当にうまくいっているのか、確かに将来に国民に安心をもたらすことができる政策なのかを心配しているのではないでしょうか。

 経済にとどまらず、本当の安心や豊かさはなにかを考えなければならない時期ではないかと思うのですが、そういう時、国の運命を左右する重い立場の総理には、一層の謙虚さが必要だろうと思います。自信に満ちた信念(思い込み)や情念だけに頼るのは危険です。現実と主観ということを考えさせられました。主観は現実の前で打ち負かされることが多いのですから。
nice!(16)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 7

kazg

漱石の妻のドラマ、なかなか惹かれますね。鏡子さんという方、そういえばいつも漱石の存在の後景にあって、どのような方だったか思いをはせることもなかったですが、考えてみれば、波乱の人生ですね。
安倍答弁、ますます聞く耳持たぬという姿勢が顕著で、イヤな感じです。
「日本会議」興味もないし、知るのもやっかいですが、正体を客観的に知っておくことは必要かなと思ってもいます。
by kazg (2016-10-01 18:12) 

majyo

2キロ減量ですか? 私の場合は2キロ減るとちょっと心配になりました
歩いているのが功を奏しているようですね
国会でのアベさんの答弁は、いつも的が外れて前民主党の悪口ばかりです
本当に程度が低いと感じるのは、失礼でしょうか?
アベノミクスは破たんしています。非正規の200万未満が多く
家庭どころではありません。しかし富裕層は多い
アベさん信念や思い込みが強いですね。個人的な思い込みだと思いますが

by majyo (2016-10-01 19:44) 

gonntan

安倍総理を操る人たちは理論武装できているのでしょうが
ご自身は勢いで語る人ですから、批判されたら語る口が
ないのでしょう。丁寧な説明もまだされてませんし、
批判されれば的外れの相手の悪口で答えるしかない。
一国の総理の器じゃないということですかね。
by gonntan (2016-10-01 21:23) 

風船かずら

kazg様 漱石の妻、鏡子さんは一部では悪女のようにいわれていたようですが、今回のドラマは鏡子さんの思い出で書かれていて、改めて漱石と鏡子さん、子供たちの生活がどのようなものだったかを知り、あらためて漱石の作品を読みなおしたくなりました。明治を生きた人たち、その家族の人間的葛藤と愛の姿に心をつかまれました。
民主主義の危機が言われる今、日本会議について知ることは明治から今日に至る日本の流れをキチンと知るうえで大切だと思いました。民主主義はアメリカによって押し付けられたという理解しかない、それが日本人の魂を腐らせているという理解はどこから生まれているのでしょうね。日本人の良さ、危うさを考えたいです。

majyo様 安倍さんの前のめりな姿勢、基本的には人の意見は聞いていない姿勢は残念ながら思い込みの強い人にしか見えませんね。でも不安があると強い人に何か期待できるのではと思う人もあるのかもしれませんね。

gonntan様、おっしゃられるとおり、とても感情的になってヤジったりお坊ちゃんなのでしょうか。
by 風船かずら (2016-10-02 09:59) 

風船かずら

tommy88様、訪問ありがとうございます。後程お伺いいたします。よろしくお願いいたします。
by 風船かずら (2016-10-02 10:06) 

未来

40キロ台は痩せ過ぎではありませんか。
欧米のご婦人方の体重と比べると恐ろしいくらいです。
本屋に入ったら、本を買う病があり、家内に文句を言われっぱなしです。
何千冊か故郷の図書館に寄贈しようと思ったら断られてしまいました。
本は今、二束三文なんですね。
自民党の政治は土建屋の政治です。
競争入札の筈なのに、入札した会社は一社だけ。
入札額は99・9%とか。これが談合でないなら、何なんでしょう。
それでも司法は動こうとはしていません。
by 未来 (2016-10-02 17:51) 

風船かずら

未来様、ご心配なく、やせすぎではないのですよ。ちょっと太めの普通というところでしょうか。でも年を取ると太る傾向は健康的でないことがありますから。
本もったいないですね。何か活用ができるとよいですね。
今時代は変化の途中なのかもと思いますが、悪い経験、不幸な経験はこれ以上くりかえしてはいけないと思います。
by 風船かずら (2016-10-03 09:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0