So-net無料ブログ作成

いるとあるの違い [雑感]

 何に書いてあったのか、はっきりしなくなっているのですがいるとあるは違うと書かれているのを読んで、居ると在るの違いについて時々考えていました。そして最近報道などを身ながら感じたことです。
例えば公園に何人かの子供がいたとしましょう。三人とかあるいは五人とか数えることができます。しかし三人なり五人なりそこにいる人数は分かっても一人ひとりが居る、存在しているその中身の在りようまでは分かりません。
意識し可視化できる場合のことは「ある」で、存在しているらしいけれども意識したり認識にまでたどり着かないものを「いる」と考えることもできるのでしょうか。目で確認できる、あるいは表面的に見えるものは誰にも分るのだけれども、表側から見えるものだけではない見えないものがこの世界には多く、この社会を作り上げているものなのでしょう。

 さきごろ、原発事故の被害によって福島を離れなければならなかった小学生が移住先の同級生の何人かから賠償金があるだろうとお金を出させられていたという事件がありました。この事件について横浜市の教育長がお金は生徒が自分で納得して提供していたのだからいじめではないというコメントを出したということが報道されていました。この教育長は表面だけをみていると思いました。このように表れている表だけ、その一部分で物事を判断することが教育の重要な仕事をしている人にあるのはとても驚きでした。いや社会のいろいろなところにこうした目に見えるものしか見ない傾向は広がっているのかもしれません。
 これは何を意味しているのでしょうか。

 トランプアメリカ大統領の就任から、人類終末までの時計の残り時間が3分から2分30秒にかきかえられました。トランプ大統領が核兵器の使用も辞さないという姿勢を示したこと、地球温暖化を抑える政策に同意しないと表明したことなどによって、終末までの時間が短くなったと考えられたようです。
 1987年、米ソ冷戦下で核兵器が使用されてはならないと恐れた当時の世界の指導者によって中距離核戦力全廃条約が調印されましたが、その時のソ連共産党書記長だったゴルバチョフ氏が、今年になって「政治の軍事化、新たな軍拡競争」に警鐘をならしています。
 
 危機はなぜ生みだされるのか、どうしたらこうした危険な状況を変えることができるのでしょう。誰もが一番苦慮しているのだと思います。軍事予算を増やし、力による抑え込み、危険の防止策も過激派ISのテロ、欧州の難民問題、格差の拡大と貧困などの解決に無力なことを示しています。しかしその政策が唯一有効な方法だと信じたいと思う人は少なくないのかもしれません。

 もともとなぜ危機は生まれるのでしょう。人と人がなぜ危険なのか、それをはっきり知ることから始めれば問題の解決は近くなるのかもしれないと思います。
誰も命を持つものは生命本能ともいうべき生存本能があり、自分の命を大切に思い、自分がかわいい、だからこの世界に生きる場所がなく否定や排除されることはその命にとっての危機です。自分の命がかわいいように他人も自分の命がかわいいのです。だから自分を愛するように他人も愛せば、自分の事情、相手にも事情があること、一緒に解決しようとするなら危険な関係ではなくなるはずです。といっても様々な条件、過去に規定されている人間は簡単ではないのですね。一人、二人と頭数は数えられてもその人の中身、こころまでは分からない、まして本人でも意識しない無意識の世界や実存の状況には届かない。
 でも終末までの時間の針をもどすためには危機がどこから生まれるのか、なぜ生まれるのかについてもっと真剣に考えてみなければならないのだと思います。

nice!(24)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 24

コメント 7

未来

色々なことが起きて、その事について色んな事を判断する人が居る。
どうしてこんなに判断が曲解されてしまうのだろうと、
不思議な気持ちになってしまいます。
人類週末までの時間、
此の大統領ならますます短くしてしまうのではないかと危惧しています。
by 未来 (2017-02-02 18:12) 

majyo

横浜の教育長ですが女性ですね
納得して払ったからイジメではないと言う判断に唖然です
言われるように目に見えたものでしか判断しないのでしょうか
福島の子の心理迄及ばないのです

トランプは核のボタンを押せる立場になりました
この世界はいまや地球環境もなにもかも 危いです
by majyo (2017-02-02 21:23) 

lamer

明日は節分。
日本から鬼を追い出して・・・福を招き入れましょう。
by lamer (2017-02-02 22:48) 

gonntan

いるとあるについて、勉強になります。

「人は皆尊い」
それを前提にしても  分かっていても
生きるために「手っ取り早く」奪う
良心の呵責を覚えるのは人間だけでしょうが

人の血が流れるとき、それも大量に流れる時に
大儲けする輩が出るのですから
利にさとい人たちが率先して危機を創り囃し立てる
それはいつの時代も、です。



真摯に論考されてるのにこんなコメントを入れて、ごめんなさい。

by gonntan (2017-02-03 21:43) 

風船かずら

未来様、未来さんの優しい心がいつも傷ついているのを感じます。個人に解決できることは誰でもその人なりに努力しているのだと思いますが、個人の力ではどうしようもない大きな力で、何の罪もない人々の命が傷つけられたリ、奪われたりしていることはわたしもとても悲しいです。トランプ氏は自己の利益を守るためにはどんな手段も択ばない強いアメリカ的な考えの強い人物のようにみえますが、アメリカ全体がこれからどういう選択をするか見守っていかなければならないですね。

majyo様、私も唖然としました。そして心のない能吏しか官吏が務まらなくなっているのと心配になりました。
アメリカがどうなるか、今年は目を離せなくなっていると思います。でもアメリカに振り回されるのでなく日本はどう進むかが大事ですよね。安倍首相はアメリカと不戦の誓いをしましたが、アジア、東南アジアとの平和外交、不戦の誓いこそアジアの平和のためには大事で、安倍さんにその熱意があるようには見えない。アメリカ頼りがアメリカに見透かされているのではないですかと思います。

lamer様、鬼の心は世界からなくなってもっと安心できる社会になってほしいですね。

gonntan様、恐怖から解放された時もっと人は自由になれるという言葉を最近耳にしました。恐怖による人の支配は支配する手段としていつの時代もつかってきたのですね。それに対抗できるものは何でしょうか。仏教者であるgonntanさん、きっと考えていらっしゃることなのでしょうね。コメントありがとうございます。

by 風船かずら (2017-02-04 10:47) 

momotaro

確かに見えるものと見えないものがありますよね。
人がいて動いていれば、人の体は見えるし命も見えますが、心の中はまったく見えません。
どんな想いを抱いているのか、普段なにをどう考えている人なのか、まったく見えません。
見えるものと見えないものとでは、圧倒的に見えないものの方が差が大きいものです。
原発事故で故郷を、我が家を追われた人たちの苦痛も見えません。
見えないものを見るのは心の目です。心の目がよければ、見えないものがたくさん見えます。
しかし、曇っていると、それが見えません。賠償金とか補償金とか目に見えるものしか見えず羨ましくなります。
横浜市の教育長も、目に見えるものしか見えない人のようです。その後心眼が開いたかもしれませんが・・・
とりとめもなく書いてしまいました。<(_ _)>
by momotaro (2017-02-18 21:51) 

風船かずら

momotaro様コメントありがとうございます。苦しい、悲しいこういう気持ちはあまりありがたくはないですよね。だから人はできるだけ避けたいし、見たくないのでしょうが、でも苦しいと思う現実も悲しいと思う現実も現実にあります。それらすべてを含めて人間社会があるのですから、極力自分の視点を広く持ちたいと思っています。自分に見えるものしか見ていないことに気つこうとしない指導者では指導者の資格がないと思います。
by 風船かずら (2017-02-19 11:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0