So-net無料ブログ作成
検索選択

今、どんな風が吹いているでしょう。

 国を守るには血を流す覚悟が、私たちの生活だけが大事なんじゃなくて先人がいきついてきた世界中の日本だけが道義国家を目指す責任がある、資格がある。

これは日本の大義を「酒田法廷」で堂々主張した石原莞爾の言葉です。

いま、どんな風が吹いているのでしょう。いや、どんな風を吹かせたいと思っているのでしょうか。

 昨日の新聞にミサイル発射を繰り返す北朝鮮を念頭に、自民党の安全保障調査会が敵のミサイル基地をたたく「敵基地攻撃能力」の保有に向けた検討を直ちに開始するよう求める提言を安倍晋三首相に提出したというニュースが出ています。

今一生懸命読んでいる本があります。熱中しているので他は少しお休みです。「愛国と信仰の構造」です。ほかに同時進行で読んでいる小説があるのですが、どちらも読み終わったときどんな感想になっているのか楽しみです。

 人の受け止め方は様々だと思うので、あくまで私自身の感じですが、日本はとてもいい国で住みやすい国、勤勉で人に優しく、礼儀正しい国だと思います。でもその一方で時に息苦しく、これが自分が望んできた社会や生き方なのだろうかと思うことも多く、悩むこともおおくなっています。自分はどこに着地するのだろうか。残る時間が少なくなった今考えます。
 
 戦前、戦中をいきて戦後廃墟になってしまった日本のなかで、坂口安吾が語った言葉が日記のなかでみつかりました。古代文明が全滅しても、生活は滅びず、生活自体が滅びない限り、我々の独自性は健康なのである。絶対のものがあり得ないという立場から、中途半端を廃し、なきにしかざるの清潔を選んだ。
 無きにしかざるの清潔、釈迦が説いた教えと通じるところがあるように思うのですが。
 プライドってとても厄介なしろものだと思います。自己愛のひとつであるプライドなんて振り回すとろくなことがないように思います。でも自分は存在していることも否めない、自己愛のない人などないのですからこの自己愛(エゴ)の在り方こそ問題なのかもしれないと思います。

nice!(18)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 5

風船かずら

yam様、鉄腕原子様、@ミック様ナイスありがとうございます。

by 風船かずら (2017-04-08 12:49) 

majyo

道義大国を目指す責任があるとは石原莞爾の言葉だったのですか
稲田朋美が同じように言っています。それを自分の言葉のように
言ったのですね
先制攻撃は良しとしません。パールハーバーでわかる事です
プライドは自己愛とはそうですね。
身につかないプライドばかりの人が多い気がします

by majyo (2017-04-08 20:16) 

gonntan

自己愛を利用して、人を踏みつけて上に立つ人たち
自己愛を制限したように見せかけた道徳を利用して上に立とうとする人
それが一番危険だなぁと思います
自己愛を利用できるものだと画策する人が一番の悪です
by gonntan (2017-04-10 21:27) 

cyoko1112

こんばんは。
コメントありがとうございました。

今どんな風を吹かせたいのでしょうね?
戦前回帰!!!
教育勅語を肯定し、道義大国がどうのこうの、、、。
稲田が言っていましたね。
by cyoko1112 (2017-04-11 22:35) 

風船かずら

majyo様、今戦前と国家ナショナリズムと宗教について調べているところです。いろいろ知らないことが多かったです。石原莞爾は日蓮宗から出発した八紘一宇の考えの人だったようですが、稲田朋美さんも国家神道の考えの人ですね。普通の人の神社とか寺院とか諸々の神様、仏様信仰を国体とか政治に利用しようと動きが盛んなのは心配です。本当の主権在民の民主主義が壊されようとしている現実をしっかり見るのは簡単ではないのかもしれませんね。

gonntan様、おっしゃることその通りだと思います。人を踏み台にして利用し自分のエゴを通すことは一番の悪だと思いますが、自分でも気づかないこともあるから、他人のエゴや自分のエゴについてしっかり見てゆきたいです。

cyoko1112様、危機感をあおって力の政策に引っ張ってゆく、嫌な世界ですが、そんなものに振り回されないで安定した生活や平和人の関係について考えたいです。
by 風船かずら (2017-04-12 09:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: