So-net無料ブログ作成
検索選択

右傾化を考える。戦前の全体主義につながった二つのユートピア思想

 北朝鮮とシリアを巡る問題、緊張の度をましています。個人は成り行きを見守っているいがいなにもできません。
 自分としては自分の考えをしっかり持って自分の考えのように生活するしかないと思っています。
 かって、人間が様々な努力を重ねていけば必ず社会は住むやすい方向にすすんでいくと思っていたのですが人間は自己選択にたえられる存在だろうかという、柴田翔氏の言葉を思い出します。

 今緊張を増している北朝鮮を巡る問題ですが、そもそも北朝鮮という東アジアの小さな国になぜ世界一の大国アメリカが艦隊を出動させ、先制攻撃を仕掛けなければならないのか。北朝鮮が手ごわい、話し合いができない鬼っ子になって、体制の崩壊を狙って攻撃を仕掛けてくるなら、核兵器の反撃を辞さないと危機をふりまいているのか、万が一軍事的衝突が始まれば想像をこえる取返しのできない事態になることは必至なのに力の行使も選択肢であると緊張状態が続いています。韓国、日本が一番手ひどい被害をうけるのに日本政府はアメリカの動きと一体です。被害を受ける当事者でないかのような主体性のなさ、不思議ですし問題ではないでしょうか。

 その安倍政権ですが日本の政治の右傾化が言われています。憲法改正をはじめ、秘密保護法や共謀罪などそこにどんな意味、意図、動きがあるのか、しっかり考えてみなければならないと思います。


素朴に子供を育てるときにぶつかる問題の背後に時代があります。 その時代、社会の影響を抜きに子育てもないのですが、戦後から七十年という時の流れを丁寧に振り返って考えてみることもとても大事だと思っています。

  以前ブログで書いたことがあるのですが、郷静子さんのレクレイムという小説はおそらく現実にあったことにちかく書かれたものと思います。詳細を忘れてしまっているのですがこの小説はごく普通に暮らす庶民にとっての戦争と周囲の人々の運命をえがいていて当時のことがよくわかる小説の一つだと思います。主人公は国や家族思いの女学生で、勤労動員では丈夫でない体の無理を重ねても率先して働く優等生の女性です。いわば軍国少女です。学校ではっきり周囲とはちがっても自分の考えをもって行動する年下の女学生と知り合いになり、何かと相談相手になったりして次第に親友となっていきます。この年下の友人の父親は大学教授なのですが、逮捕されます。友人の家族を襲った不幸を通して主人公は自分が熱心に信じてきた国との板挟みに苦しんでいきます。主人公の周りの青年たちも次々戦場で命を落として行きました。人も物もすべてうしなった彼女は真実を見る感性、目がなかったことを後悔します。


  今「愛国心と信仰の構造」を読んで、戦前の全体主義につながった二つのユートピア思想に出会いました。
この二つの流れ、ユートピア思想は現在の右傾化ととてもつながりが強い面があると思うので「愛国と信仰の構造」をテキストによく考えてみたいと思いました。

  その一つめは
 「すべてのことが神のみ仕業として起こっている、それに対して人間の賢しらというものがある.。この賢しらこそが漢意であり、大和心はすべて神のみ仕業であり、いわばありのまま神に髄順することをよしとする大和心こそがこの国の国体を支えている」
という国家神道、国体論が、親鸞思想の「計らいを超えた弥陀の本願」という他力思想と親和性を持ち、弥陀の本願が天皇の大御心とすりかわっていくという流れになった浄土真宗の他力思想と全体主義への流れです。

 もうひとつが
 日蓮主義と国家ナショナリズムとの関係です。こちらはもともとももっている日蓮主義の改革の志が国体論や国家主義に合体することによって、世界を一つにするという拡張主義になっていったことです。

 次回このことについてもっと詳しく考えてみたいとおもいます。




 
nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 19

コメント 2

majyo

何か事あれば、日本と韓国ですね。
どちらも米軍基地がありますが、韓国は同胞です
自国が脅威となるのに、すぐに支持宣言!
一番怖いのはこの国の指導者です。
守るのは絶対に戦争しないという事ですが
事あれば、駆け付けるという気持ちなんでしょう
私は中島京子さんの「小さなおうち」を読んで
戦争は知らないうちに始まる事を感じました

by majyo (2017-04-20 16:51) 

風船かずら

majyo様、おっしゃるように日本を守るのは絶対に戦争をしないことだと思います。まるで戦争が始まったらなんて、始まることを選択しに想定しているなんてなんてばからしいことを、この国の指導者どうかしていますね。戦争を高度のゲームのようにもてあそんでいるのはいろんな意味で重大ですね。国民がしっかり批判しなければならないのではないでしょうか。
by 風船かずら (2017-04-21 17:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: