So-net無料ブログ作成

目に余る?

 「蓮のは」というお坊さんが人々の悩みにこたえるサイトがあります。
 お坊さんに聞いてみたいことです。

 憂鬱な毎日です。憂鬱の理由はひとつです。仏教の本を読んでいると自分についての対処の仕方は良くわかる、とどのつまり自分に帰結するのですが、それで憂いが消えて無くなるかというとどうなのか、そのことを考えてみたいと思います。
 仏教者は本当のところ人類が救われるということについてどう考えているでしょうか。
 他力本願と無ということは仏教の中心にあるもののように私は解釈していますが、こう解釈してよいのでしょうか。仏教は自分を鏡に映してみることと寺の住職さんが言われていたということを前回書きました。他力本願とは阿弥陀様が願う力のことで、その阿弥陀様の人を救わずにいられないと願う力に頼って自分を救うという意味のようですね。阿弥陀の願い、釈迦の悟りのように人が努力するなら、この世界は浄土になるでしょう。
 A..S 二イルはすべては「気づくということの問題である」と言いました。釈迦の教えも気付きや認識の問題のように思います。
 でも人は誰でも本当に気づくことができるのでしょうか。気づこうと努力するより気づきたくないという利己のほうが強いのかもしれません。
 国政を預かる立場の人、権力を行使できる立場の人が自分たちの考えや利益のためにそれらを利用し、その立場を維持しようとしたら命がけになるのでしょうね。自浄努力など無理でしょう。
権限を自分に集め、行政に携わる役人には秘密保護の義務と人事権を振り回して思うままに、三権分立も有名無実化し(国会は安定多数で議事は数で決める、裁判所も裁判官の任命権がある)権力にたいする批判や監視機能がなくなれば、国政を私物化することは可能なのだと思います。この権力にぶら下がって国の財政をつかって自分たちの利益を測ろうという人達も現れる、こうした国になったら国民はどうなるのでしょうか。自分についてだけでなく、公について考えることも人としての仕事なのではないかと思うのですが。個と公をどう考えますか。
 私は他の宗教については全く知らないので質問の対象からはずしました。

 
 


 
nice!(11)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 7

えんや

まさに、自公議員、、、アベ総理は国政を私物化していますね
こんな議員たちは不要です。

by えんや (2017-06-03 20:39) 

majyo

仏教についてはわかりませんが
政治家、役人は自他の為に特にしなければならないでしょう
この国は今、独裁政治の初期の段階です。ここで何とか修正しなければ
本当に独裁国家になってしまう。三権分立は風前の灯です
by majyo (2017-06-04 06:11) 

風船かずら

えんや様、majyo様コメントをありがとうございます。
三権分立はまさに風前の灯の感がありますね。
なぜ安倍政権の支持率が高いのか、権力の集中が進んでも疑問がもたれないのか、、、。自分の考えをまとめたいと思っているのですが、そのために読まなくちゃと思う本がいっぱいあって、時間がかかっています。
by 風船かずら (2017-06-05 11:48) 

gonntan

私は他力の宗派ではないので本当のところ他力本願はわかりません。努力すること、自分の力を当てにすること自体が否定され、ただお任せして身を委ねる境地、感謝することができることに気づくことなんでしょうかね。
宗教はなんの宗教でもですが、信じることからしか始まりません。救われるかどうかではなく、救われている自分を信じること、感じることで気づき、あるいは悟る。御本尊御本仏との関わりを通して他者や家族や社会と関わる自分を作っていく、そういうことがこの世では期待されます。真宗でも往相回向と還相回向ってありますよね。あの世浄土に往って、この世に還って来た自分。今の自分は還ってきた阿弥陀仏の命を生きている、というのが真宗の大まかな教義なんでしょう?
権力者のやることはいつの時代も自己チューであり傲岸不遜。彼らも迷える魂なんです。迷って迷って迷い尽くすそういう人生を歩んでいくのでしょう。国民は彼らにとっても「汝臣民」程度なんです。
by gonntan (2017-06-09 22:16) 

風船かずら

御本尊御本仏とのかかわりととおして他者や家族や社会とかかわる自分を作っていく、そういうことがこの世では期待される。この言葉わかるように思います。他力本願は私にはよくわからないところが今もあります。でもお釈迦さまの教えは深いですね。まだ不勉強でよくわかっていないのですが。
汝臣民、そうなのでしょうね。
by 風船かずら (2017-06-10 15:20) 

momotaro

風船かずらさんのお悩みと gonntan 和尚さまのご回答と、ともに堪能しました。私自身は、何教でもないのですが、「救われている自分」を感じちゃっているおめでたい人間ですから、悩みの迷路に入ってしまうことは今のところはありません。
でも、われ思う、ゆえに吾ありですから、悩むことは人として意義深いことなのでしょう、きっと。
by momotaro (2017-06-19 14:54) 

風船かずら

momotaro様、返信が遅れて申し訳ありません。私も信仰はもっていません。イデオロギーもこれと言ってなく、ただ今の社会に心配なことはどうしてもあるのです。釈迦が社会や人についてどう考えたのかに関心があって勉強中なのですが、、、。
by 風船かずら (2017-06-26 11:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0