So-net無料ブログ作成
検索選択

最新の世論調査に

 最新の世論調査内閣支持率が31%に、不支持が50%を超えたとニュースが伝えていました。これに政府は内閣改造で支持が戻ると考えているようです。
安倍政権の支持はこれまでも消極的支持と考えられていました。政権を担当できる受け皿がないから、誰がやっても同じという理由も大きいようです。総選挙結果では野党のぜんたいを合わせた得票はわずかながら上回っていたようです。しかし議席数において自公政権は圧倒的多数となりました。その数の上に強引ともいえる議会運営をかさねてきました。そのうえでこの間政府が進めてきたことは国政の見える化、情報公開に逆行する動きばかりで、秘密主義や隠ぺい、時には文書破棄までするというおよそ後世の検証に耐えることができないような行政を進めています。議会での丁寧な議論を放棄すれば、選挙制度がみなおされなければ民主主義は議会政治の上で無力ではないかとさえ感じさせられる状況です。
 国民の疑念、感情から遊離している結果が内閣支持率にあらわれているのではないでしょうか。

 しかしそれにもかかわらず、世界も社会も先をしっかり見通すことができない岐路に立っていることと安倍政権がこれまでには考えられないような質的に異なる政権運営をしていることは関係しているように思うのです。本当にしっかり主権者である国民が自分たちのこれからのこととして考えなければ、それも自分一個の考えだけでなく、多くの異なる意見と議論しあいながら未来をつくることを考えなければならないのではないでしょうか。私は政治は好きではありません。どちらかというと大嫌いです。政治的な発言をすることも好きではありません。でも黙っていてはいけないのではと感じています。

 
nice!(15)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 15

コメント 9

トックリヤシ

同感です。
国民は、政治は自分たちの物だという事を
しっかり認識しなければならないと思います
by トックリヤシ (2017-07-09 22:10) 

majyo

昨夜街頭でアベ政権の支持が31%になった事を知りました。
そもそも積極的な支持ではなかった事、真実が伝わりにくいメデイァ
色々な要因がありますが、一人一人が一生懸命考えれば
わかる事です。内閣をいじったとしてもアップは難しいでしょう
精神世界を考えたいのですが、ここまで政治が劣化すると
もう後には引けないですね

by majyo (2017-07-10 08:35) 

風船かずら

トックリヤシ様、majyo様、コメントありがとうございます。
安倍政権の本質ってどこにあるのだろうか、この間ずっと気になっていろいろの本をよんでいました。次第にその本質に何があるのか見えてきたように思うのですが、でも安倍政権の支持は低くなっているとはいっても支持する人の存在は多い、支持の理由は何だろうかをずっと考えていました。日本の進み方は次の世代、孫の世代に影響を持つでしょう。世論が割れているといってもいいですよね。
民主主義ってなんでしょうか。自分はどう考えるかをしっかり考えることと他人はどう考えているか、他人にはどう見えるかを知ることから始まるのではと思っています。一即多、多即一、と同時に1は1ですね。そして1は大事なんだと思います。どんな1であっても。どんな境遇、どんな生活をする人であっても。自分はこう考えると発言するためには自分の疑問を解決しなければならないから高い山をのぼるようなものですね。頂上は見えない山を登るのは楽しいことでもありますね。頂上を目指して、共に、よろしくです。
by 風船かずら (2017-07-11 09:29) 

ファルコ84

安倍政権の不誠実で国民目線に立っていない政治に
国民もやっと気が付いたのでしょう。
他に政党がないからという理由は無しにして
現政権が切磋琢磨する対立軸が必要だと思います。
by ファルコ84 (2017-07-13 10:14) 

未来

日本の政治の根本的な悲劇は、
イデオロギーで政党を作るのではなく、
烏合の衆が、利権と、諸々の欲望が混ざり合って
政党を作ることにあると思います。
受け皿の政党のいない国なんて何所を探しても有り得ません。
by 未来 (2017-07-14 10:28) 

風船かずら

ファルコ様、重要な指摘だと思います。対立軸についてはいろいろ考えられますが、基本的な問題、例えばなぜ政治家になったのか、政治に何を求めて政治をするかの基本的な違いもあるように感じます。高潔さや高い志が同じなら、たとえ意見のちがいがあっても切磋琢磨が可能でしょう。姑息で自己の利益中心、利害を守るためには何でもあり、権力をとったら権力維持だったらレッドカードですね。政策の対立軸が明確になることは重要なのですがそれが必ずしも国民の中で明確ではないですね。どういう政策が大切なのか国民が判断する力を持たなければならないのではないでしょうか。

未来様、しっかりした政策を持たないで、別の理由で政治が行われるなら国民は不幸ですよね。
by 風船かずら (2017-07-14 11:11) 

kazg

記事にも、皆様のコメントにも、深く共感を覚えます。
>主権者である国民が自分たちのこれからのこととして考えなければ、それも自分一個の考えだけでなく、多くの異なる意見と議論しあいながら未来をつくることを考えなければ
まったく同感です。
by kazg (2017-07-16 05:26) 

momotaro

全く考え方が一緒だと思いました。
あのような政治から決別するには政治家に何を求めなければならないか、それを具体化する必要があると考え、専用ブログを立ち上げました。
ぜひ、共に考えて参りましょう!
by momotaro (2017-07-19 05:03) 

風船かずら

kazg様、コメントありがとうございます。ここにきて国家主義的全体主義的な動きが政府を中心に強くなっていますね。国民は本当にそれでいいんでしょうかと自分の胸に手を当てて考えてみなければなりませんね。戦後70年間の平和、民主主義は尊い時間でしたし、これからも維持していかなければならないと思います。いろいろ困難な問題もその中で解決していかなければならないですね。

momotaro様、専用ブログを立ち上げられたのですか。今度お尋ねします。よろしくお願いします。
by 風船かずら (2017-07-19 23:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0