So-net無料ブログ作成
検索選択

自我の行方

 以前に一度ふれたことがあるのですが、本の処分をしている中で、「愛するということ、愛されるということ」という本を読みなおしていました。著者はレオ・バスカリア。草柳大蔵訳でアメリカでベストセラーになった本です。サブタイトルに互いに分かち合える”ほんものの人生をさがしにーーーという言葉があります。この本、BOOKOFFに出そうかなどと思っていたのですが、すっかり読み直すことになってしまいました。

 
 マスコミで報道されるような様々な問題、国際問題でも事件でもコミュニケイションがなかったり成立しなかったりだと感じることがすくなくありません。人間は人として基本的に同じだと私は思っているのですが、どうしてこんなに対話が、コミュニケイションが難しいのか、この疑問を考えることができる一冊でした。

 ーーーー 私たちは、人とかかわることがますます下手になってきている。「人付き合いはできるだけ避けなさい。何事にも無関心でいることです。」痛みを味わいたくない人にはぴったりの処方箋だ。
人々の関心が、自立や個人の自由といったことにむけられているのはたしかのようです。ーーー


 著者のこのような指摘、他人への関心が少なくなり、ますます孤独になっている現代人への警鐘でしょう。でもなぜそうなっていくのでしょう。
 現代社会を分析していかなければならないと思います。誰も自ら自分だけを考えて社会との関係を断って孤独でいたいとは思わないと思いますが、一人でいたいと思うくらい、厄介で迷惑な関係であることもあります。
 特に最近の核戦争を巡る対立くらい迷惑な話はありません。誰とも、どこの国とも核戦争はもとより戦争などしたくないし、敵だとも思わないのになぜ戦争しなくちゃならないのか、生活も犠牲にして軍備を強化したり、核兵器まで持たなくちゃならないのかと思います。

 人生において大切なことのひとつをこの本で教えてもらったように思いますが生きることは人とのかかわりがどうかにかかっているようです。一人で生きているのではないから、他人を知ること、自分を知ること、他人を大切にすること、自分を尊重することを常に心にとめていたいと思います。
子どもたちが小学校高学年から中学に進むにつれて親として悩んだり考えたりすることもふえて、一番難しいと思ったことが話し合うことでした。言いたいことが言えない、言うべきだと思うことが言えない。いまでもそういうときがあります。相手の気持ちが見えない、会話が成立しない。人並にいろいろ悩んでいた時出合った本が秋山さと子さんの「母と子の深層」やA·S ニイルの「問題の子」などでした。
 本当の会話が難しいのはなぜなのか。本当の会話を阻むものはなんなのか。自分の本当の気持ちだと思うことを相手に伝えること、相手からも本当の気持ちを聞くことができて実際を確認できることは人と人の関係の一歩なのだと思います。そのためにはあらゆる先入観をもたず、ともかく相手を知ろうとする関心、聞く耳がなくてはならない。
 世界も人生も誤解にみちています。ニイルは子どもとの接し方にあたって、まず先入観を持たないでありのままの子どもを観察してほしいといいました。そして好きや嫌いの愛好の意味の愛ではなく、関心の意味の愛を持つことを基本にしました。
 これは子どもとのことばかりでなく、同じことが人と人、国や民族がちがうような関係においても同じことがいえるのではないでしょうか。
 同じ人、人類としての相手への関心、聞く耳をもって実際を知ること、強固な先入観や自ら自分のなかに敵をつくる自己愛を離れて、本当の相手の心を知ること、そこまで人間の知性が進んでいなければなりません。それとも自分の利益や先入観や憶測という誤解から危険な火遊びをしての結果が出ないとわからないとでもいうのでしようか。人間は何度もその経験と過ちを繰り返してきたのですが。


 自分を考えたとき、「サイの角のように一人歩め」というお釈迦様の言葉について考えます。
振り回されないで生きる。それ以外にないといまは思っています。 
 
nice!(21)  コメント(10) 

nice! 21

コメント 10

えんや

隣近所でさへ、、、関わりに面倒だと言う人もいる昨今です。
人間一人で生きていると勘違いしてる、、、。
知った人から働きかけること、、、家庭・親子からですかね。
by えんや (2017-09-05 21:05) 

風船かずら

とれたてトレンド様訪問ありあとうございます。
えんや様コメントありがとうございます。かかわり方の良しあしが問題なのでしょうか。良い果をもたらすか悪い因となるか、家族でも社会とのかかわりもよくよく考えることではないかと思います。
倫理など吹き飛んでしまったかのような社会ですが、努力するいがいないのでは思っています。
by 風船かずら (2017-09-07 08:38) 

gonntan

お金さえあれば!人と人とが関わらなくても日常生活が
できそうな社会を構築するんだ、というのが科学の進歩のように
考えて邁進してきた日本ですが、実は生きるというのが
自然や宗教や他人との関わりの中でしか経験できないモノ
なのだということです。なのに、それが様々なモノと
関わりを持たねば生きていけない社会であることが
まず肌感覚で経験できていない、創造しようとされてない
あるいは再発見されてないということが日本人の弱点かな
と思います。ますますバーチャルの世界に逃げこもうとしてますね。
by gonntan (2017-09-08 22:54) 

風船かずら

gonntan様、コメントありがとうございます。和尚さんがおっしゃることと関連するかと思いますが、自分とか個とかを意識したり、考えるようになったのは戦前をわずかに子供時代に知っている私には戦後のように思います。われ思う故にわれありという近代の個の発見という意味の自分の確立とか追及とかが戦後の社会で利己主義や物質的豊かさの追求、さらにバーチャルな世界へと進んできているように思います。様々な複雑な問題の深刻かの中で戦前への回帰、郷愁が生まれているように思いますが、戦前に「われ思う故にわれあり」のような意味の自己はなかった。個人が存在しない弊害は国が暴走すると簡単に全体主義や犠牲を生み戦争へもつながったと思うのですが、お釈迦さまの言葉を知って個の意味が分かったように思います。自分や個人を離れ、事実、真実の上に立ちなさいということではないかと。誰もが自分が過去に経験したことの総和だとすればその経験や認識はどんなにわずかで独善かを顧みて事実を知ることが大切と思っています。
すれば
by 風船かずら (2017-09-10 09:31) 

U3

 わたしは考え方が全く逆で、人間は一人一人が異なっているのが当たり前であるいう前提に立っています。けして同じではありません。だからこそ相手を知ろうとする努力無しに人間関係は成り立たないのです。
 しかし人間ですから嫌いなものとわざわざ嫌な思いをしてまで会話をしようとは思わないのもまた道理です。それが民族間となると更に溝は深くなる。会話が前提だと言う人達はそれが分かってない。そして会話が前提だと言う人達は率先してその仲立ちをするかというとそうではない。言葉だけで実践がない。結局それぞれが自分たちの立場で勝手に言いたいことを言って終わっている。だから旨く行かないんです。
わたしは騒ぎ立てないで黙って推移を見守るしかないと思っています。北の問題については日本は渦中には入ってはいけないというのがわたしの結論です。
by U3 (2017-09-11 18:25) 

風船かずら

U3様、コメントをありがとうございます。U3さんのおっしゃっていることとても賛成です。人間はみな同じではないし、超えることができないような溝があることも確かだと思っています。誰もが自分のためにあるのではなく、自分もまたすべての人のためにあるわけではないから、距離を持つ必要があります。何とかしなければならないとかかわりすぎ、何とかしようとすることは干渉や侵害でしょう。
人間が基本的に同じだと思う意味は生きているということについて同じという意味で、そのことをみとめることが同じ地球上に生きていく前提ではないかと思っているのですが。
by 風船かずら (2017-09-12 10:38) 

未来

話せば解ると言った人も居れば、
養老孟司さんの「バカの壁」のように、話しをしても埒が明かない人も居る。
人種も、宗教も、イデオロギーも、国家も、
馬鹿の壁に阻まれているとしか思えなくて困っています。
by 未来 (2017-09-13 17:46) 

風船かずら

未来様、「話せばわかる」も「バカの壁に阻まれている」もどちらもありでしょうか。どちらか一方ではない?と思うのですが、自分について思うと人を変えることはできなくて、情けなくて歯がゆいこともありますが自分が変わることしかできないのだなと思うようになりました。
by 風船かずら (2017-09-15 21:08) 

U3

風船かずらさんへ 度々失礼いたします。
仰られる通りだと思います。
違いを認めることからすべてが始まると思います。
しかし残念ながら現代の日本は他人に対する寛容さがない。
自分が正しくて他は駄目。だから他人の意見には耳も貸さない。
これでは相互理解どころか会話自体が成り立たない。
コミュニケーション能力が欠如した頭でっかち人間が多くなりました。つくづくそう思います。
by U3 (2017-09-16 16:19) 

風船かずら

U3様、本当に寛容さが社会から失われているようにも思います。なぜなのでしょうね。社会の進み方が、(それが避けられない進歩でもあるかのように)そうなっているから個人の人生がそうならざるを得ないのでしょうか。豊田議員の「このハゲー発言」は驚きましたが、彼女のように個人が強固な価値観で固められているのを社会のいろいろのところで感じます。自分も一応その時々の考えのようなものは持ちますがそれは過程、自分の考えをゼロにして揺さぶったり、疑ったりしてみると異なるもの、知らないものが見えてコミュニケイションが進むと思います。
by 風船かずら (2017-09-17 17:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。