So-net無料ブログ作成
検索選択

簡単に迷いだす [雑感]

 もともと記憶力がいいわけではないのですが、年にともに明らかに記憶がなくなることが多くなっています。前回書いたブログの中の書名、「日本は大戦にまきこまれる」は不確かなのでメモがあるかさがしていたのですが、正確な書名がわかりました。「日本に恐ろしい大きな戦争が迫りくる」副島隆彦著 講談社 2015です。出版アメリカ大統領選がまだ終わらない前に書かれていますが、現在の状況を見ると一段と世界の動きは不安定さを増しているようにみえます。北朝鮮を巡る動きは危なっかしいです。どちらかが先に武力を用いなければ戦争にはならないはずですが、相手を倒す理由を見つけると武力を使ってもやっつけなければならない、世界がこういうことの繰り返しをしているのはわたしにはやりきれなく思われます。

 稲田朋美防衛庁長官は「戦争は霊魂の進化に必要な宗教的行事、それが私の生き方の根本」「靖国神社というのは不戦の誓いをするところではなくて、祖国に何かあれば後に続きます」と誓うところでないといけないということをいっているそうですが、これは伝聞なので正確かどうかわかりませんが、最初戦争は霊魂の進化に必要な宗教的行事というに至ってはええーっと理解できませんでした。祖国防衛とか戦争とかが稲田さんにとって大変重要なものなのでしょう。
 元に戻って先の本を読んだとき、日本の安全が脅かされると浮足立って右往左往するのではなく、冷静に足元から平和について、暮らしについて考えたいと思いました。

 昨年後半のノートをくっていたら、今も頭のなかをくるくる旋回している疑問に対する答えのようなものにぶつかりました。
親ってとか、家族とか、親としてずっと考えました。自分が考える善悪とか、何が本当で何が嘘なのか、とかをはっきりつかみたいという欲求はあるのですが、その反面でそれは無理だよとか無駄だよとかいう声もどこかでするのも事実なのです。えー、どっちよと思うのです。それに対する答えかなと思う、読んだ本のなかのメモに出会いました。

 完成に持っていく可能性、苦しみ自体は決して無意味なものではなく、苦しみに打ち克つ過程のなかに人生における喜びを見出すことができる。
 年を取るということは個人的な経験を累積すること、永遠の生命というものは、人が年老いていくという過程のなかにつきとめることができる。
 これどんな本からのメモかはっきりしません。

 「知能とは、答えのある問にたいして速く正しく答える能力、知性とは答えのない問いに対して問い続ける能力」これは朝日新聞リーダーたちの本棚に乗っている千葉大学長徳久剛史氏の言葉
 
 親ってとか、家族とか、理想とか希望とか、善悪とか考えることは生涯を通して無意味ではないのです。気ついたところでどうすることもできないのだから、気つくこともしたくないというのは間違いだと思いました。しかし努力は完成形ではなく、不確かなものなのだと思います。

 誰も努力することに意味がなくはないのだと得心できたように思いました。




 



時流 [雑感]

 かっこいい父親というのは難しい時代になったのかなと思います。昔はよく背中をみせるといわれた。しかし今は父親も変化を求められているように思います。家族が力を合わせたり支えあって助けられるようなコミュニケーション力も求められているのかもしれない。男性にも女性にも父親的役割と母性の役割の両方が必要なのだと思います。
問題は父性の役割が今とても難しい時代なのではないかということ。

 今、大阪豊中市にある森友学園の国有地格安払下げ(大阪だけでなく他にも同じようなケースがあるようです)を巡って国会も巻き込む大きな問題になっていますが時流ということを強く考えさせられました。
なぜ森友学園の建設が特別な扱いを受けたでしょう。わたしはこういう小学校、ひいては中学さらに上級学校の建設を日本に必要と考える人達の力、政治家抜きには考えられないと思います。安倍首相も首相夫人もこの幼稚園教育を素晴らしいとほめたたえています。幼稚園で教育勅語を素読させたり、「日本を悪者として扱っている中国韓国が心を改め、歴史でうそを教えないようにおねがいします」「安保法制国会通過良かったです」などと運動会の選手宣誓で発言させているなどこれが幼稚園児が本当に考えることなのでしょうか。 
 おりしも自民党は首相を三期続投してもよいという党則を決めたそうです。
 時の流れ、動きが世界中なぜか怪しく思われます。「日本に恐ろしい大きな戦争が迫りくる」(副島隆彦著、講談社、2015年出版)という本を昨年読んだことがありました。そのときは書かれている内容をあまり信じたくありませんでした。しかし、ニユースに接しながら日ごろ感じていること、世界の動き、何が起こっているのか、どんな力が働いているのかを理解するのにとても参考になりました。でもこんなときほど、冷静な思考が必要だと思います。


 父性と母性は現実の父親母親ではなく、広辞苑では父性を父として持つ性質と書いていたりしますが良しあしとか規範とか物事を分ける働きであり、母性は逆にすべてを同じものとして保護する働きで、人の社会には父性と母性の両方が同時に必要なのだと思います。それは一人ひとりがみな違い、国や集団も、状況もすべてが同じではなく異なるがゆえに、良し悪しなどを区別することと受容し保護することはどの生命にとっても必要なことです。
 日本は長いこと母性的性格の強い社会といわれてきましたが、今はどうでしょうか。超父性社会になっているのではないでしょうか。
その超父性社会を維持するための精神的機構が戦前の超国家主義教育の復活なのだと思います。教育の問題は簡単ではないので別の機会にゆずりたいと思います。

 
 


人はなぜ危うい道をえらぶのだろう。 [雑感]

知性の劣化とも思えることがなぜ進むのでしよう。

 家の中に理解者がひとりもいなかった
 親はなにもしてくれなかった
 孤独で押しつぶされそうだった
 友人、知人がほしかった
 すべてが文句にしか聞こえなかった
 自立したくても自立の方法を知らなかった

この叫びは引きこもっていた子供たちが当時を振り返った時の言葉だそうです。今もこうした心の叫びを抱えている子供や大人がいるのではないかと思います。こんな悲痛な叫びを考えるととてもたまらないし、こうした叫びを知らなかったり、無視したり、本人の問題としたりしてしまうとしたらなんと薄弱な世界でしょうか。今ある本を読んでいるところです。出版大賞を取っているそうですから多くの人に読まれているのでしょう。まだ途中で最後まで読んでいないうえに内容をしっかり吟味しているわけではないのではっきりした感想とは言えないので,書名も書きません。しかしとても疑問をたくさん感じました。

結論が不愉快なためではありません。どんなに不愉快な結論であってもそれが事実や真実ならそれは仕方のないことだと思います。しかしそれが真実であると結論するには慎重な、さらに謙虚な検討態度が必要だと思います。

 社会の進歩においつかない知性の劣化ともいえることがなぜ進むのでしょうか。一つはアイデンティテイをどう考えるかと関係するのかもしれませんが、釈迦が生きていた時代と現代ではとてつもない変化です、ただ人間が人間でなく別の生き物になったわけではなく人間という生き物である本質には変わりはなく、人間社会を変化発展させてきたのはその人間です。その人には二つの側面があります。人という個体、生き物である本質と社会の中にある、社会に帰属しているという二つの側面です。そのバランス、個人にとって良いバランスであるかどうかの問題が知性ではないでしょうか。しかし社会の変化発展は個人という人間を超えて発展するので個人が壊れていく。もっと生き物としての自然性が回復されなければならないのではないかと思うのですがどうでしょうか。