So-net無料ブログ作成
検索選択

今日は憲法記念日ですね。 [雑感]

  
 今日は憲法記念日で祝日ですね。でもなぜかとても憂鬱です。たぶんいま憲法の主権在民、立憲主義、平和主義など一部で危うくなっているからでしょう。
明治から終戦までと戦後70年という時間について、今勉強しようとしていてどんどん重い気分になっているのです。私は直接戦前を知ってはいないのですが、でも友人知人の中には空襲の大火の中を逃げ延びた人、家族と一緒に生活できなかった人、中国や朝鮮からやっと帰った人などいろいろの子供時代を過ごしていますし、何よりあの時代の狂気を魂を圧殺してしか生きられなかった時代の息苦しさを物心つき、成長するにつれ、本や映画ニュース報道などで知りました。
 なぜ戦争があるのか、なぜ戦争をしなければ人間は生きていけないのか、今も疑問です。その問への答えを見つけています。
 「愛国と信仰の構造」を読み終わって自分なりの整理をしたいと思っているのですが、簡単ではありません。これからもっと時間がかかるでしょう。

 今日のネットのニュースにこんな記事がありました。

 シリアへのミサエル攻撃は「夕飯の余興だった」デザートと共に習近平氏へ説明された。大統領に何ら費用は生じなかった。
これはトランプ大統領を支える側近のロス商務長官の発言です。ちなみにこの時発射された巡行ミサイル59発分の費用は8000万ドル(90億円)だそうです。
この人は著名な投資家で知日派、国内産業の振興、外国企業に対する競争力強化を担当。日米交流
組織ジャパン・ソサエティ会長を務めているそうです。

 アメリカと一体の安倍総理、このロスさんのいう国内産業の中には日本も含まれているのです、外国企業の中には日本は含まれていませんと考えているわけではないでしょうね。いや何も言えないということ?なのでしょうか。
 それにしても著名投資家をしている人らしい発言だと思いましたが、皆さんはどう思われますか。